スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故被害額と燃料費増加と電気料金値上げ

東日本大震災から1年6ヶ月がたち、いまだ復興が続けられているが、ここにきて電気料金の値上げがはじまった。

原発事故被害額は50年~100年の間に膨らみ(放射能の影響が後から出てくる為)400兆~500兆円は軽く超えると試算された。

東京電力の言い分は、燃料費が上がるから「電気料金に乗っけるぞ」つまり値上げということだ。

しかし、むこう50年あまり400兆~500兆円(仮の金額 政府は東京を被災地に指定していない)の被害弁償をしなければいけない東京電力は、年1兆円の燃料費が上がると言って、原子力発電所を稼動させたがる。

やらせまで行って、国民を騙す工作活動を行っているのである。(国民もなめられたものである)

計算すると(ここでは仮に100兆円) 

原発事故被害額100兆円-燃料費増加1兆円×50年=+50兆円

事故を起こした時を想定するとはるかに、燃料を買って火力発電にした方がいい。
これに、処分するお金もかからないし、反対派との話し合いや、工作活動も減るでしょう。


個人的には、天皇陛下の那須御用邸や皇居、こちらにまで放射能は相当飛んだので、東京電力並びに民主党政権関係者には天誅を喰らわせたい。
もちろん、全てが悪いわけではないが。

しかし国土が狭くエネルギーに苦労してきた日本にとって原子力は、願ってないエネルギーだったので気持ちはわかるが、これからの子供達が放射能の影響で苦しむとなると、日本民族の未来を左右することになりそうだ。

大東亜戦争で祖国と家族を護るため英霊になられた方々にこのだらしない日本は見せられない。

よって、国が原発事故が起きた際、被害弁済を担保したとしても、未来に影響の残る原子力はやめるしかないだろう。
スポンサーサイト

次の総選挙には注意!

日本国民の皆様、

国民を欺く、国賊団体「民主党」だけには清き1票を入れるのには慎重に願いたい!

日教組・労働組合系が支持母体の民主党には天皇陛下を侮辱する輩が一部党員として活動している為、解体しなければいけない政党である!

我々は民主党を認めるわけにはいかないのである。

 韓国李明博大統領ごときが陛下に失言

韓国の李明博ごときが、陛下に対して物を言うこと自体、あってはならぬことである。

今こそ、韓国大使館に対して徹底抗戦で尊皇攘夷をするべきである。

その時、韓国大使館は特攻にあうだろう。


韓国の李明博大統領は14日、天皇陛下の韓国訪問に関し「独立運動で亡くなった方たちに、心から謝罪するのであれば訪問するように(日本側に)伝えた」と述べた。忠清北道で行われた教育関連行事のあいさつの中で語った。

 日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」(15日)を前に高まった国民の歴史意識を刺激し、支持率向上につなげる思惑がありそうだ。

 李大統領は植民地支配を念頭に「加害者(日本)は忘れられるが被害者(韓国)は忘れられない」と指摘。「痛惜の念という言葉を言いに来るのであれば(天皇陛下は)来る必要はない」と述べた。(共同)

韓国李明博大統領の違法行為

韓国李明博大統領が竹島に不法侵入した。
不法占拠してる分際で1国の大統領が法を犯すとは盗人猛々しい。

韓国政府には徹底的に降伏させ、謝罪と竹島の明渡しさせてこそ、現政府が生き残る道だろう。
ロシア(北方領土)・中国(尖閣諸島)同様だ!

今こそ尊皇攘夷の時である!


韓国のイ・ミョンバク大統領は、10日午後2時前、韓国の大統領としては初めて日本海にある島根県の竹島を訪れました。
日本政府は訪問をやめるよう求めていただけに、日韓関係がさらに悪化するのは避けられない情勢です。

イ・ミョンバク大統領は、10日午前、ソウルから竹島に近いウルルン島をまず訪れたあと、韓国政府によりますと、午後2時前にヘリコプターで島根県の竹島に到着しました。
大統領は現地に常駐している韓国の警備隊の関係者から説明を受けながら島の状況を視察しました。
韓国の大統領が竹島を訪れるのは初めてのことです。
今回の訪問について、大統領府は、イ・ミョンバク大統領がウルルン島の環境を保護する必要性を現地で確認することが主な目的だとしており、訪問には環境相と文化体育観光相が同行しているということです。
イ・ミョンバク大統領としては、日本側の反発を見越して、竹島訪問を強調するのではなく、環境保護を目的にしたウルルン島の訪問をアピールしたものとみられます。
しかし、日本政府は、竹島は日本の固有の領土であり、韓国の大統領が訪問すれば日韓関係に重大な影響を及ぼすとして、訪問をやめるよう求めていただけに、日韓関係がさらに悪化するのは避けられない情勢です。

仙台で第2回意見聴取会 東北電力と民主党が組んだやらせの聴取会

政府は15日、今後のエネルギー・環境政策について国民から直接意見を聞く第2回の意見聴取会を仙台市で開いた。東日本大震災の被災地で初めての開催だが、9人しかいない発言者の1人として東北電力の幹部社員が原発を推進する意見を述べたため、会場から不満の声が上がり一時騒然となった。発言者には首都圏在住者も複数選ばれており、被災地の反発を招きかねない運営方法に批判が強まりそうだ。

 聴取会では2030年の原発比率を0%、15%、20~25%とする3つの選択肢について抽選で決まった9人が、それぞれの意見を述べた。

 東北電の男性幹部社員が「会社の考えをまとめて話す」として20~25%案を支持する立場を強調すると、会場から「人選がやらせでないか」などと批判が相次いだ。このため聴取会は一時中断、出席していた細野豪志原発事故担当相がとりなす場面があった。

産経ニュースより

細野大臣、失笑を動画で確認!←ココをクリック


東北電力も民主党政権と手を組み、国民を手玉に取るため、公開やらせ討論を始めた。

途中、細野大臣が「やらせではないです!」と入るが、あきらかにおかしい事に参加者達から罵倒を浴びせられ、細野大臣は失笑する始末。

国民の皆様、次期の総選挙の際は、国民を騙す事に慣れてしまった民主党にはやめましょう!
細野大臣並びに現野田政権には、日本の右翼の必殺技「天誅」が行われる日が近いのではないかと危惧する。

大東亜戦争で英霊になられた方々に、本当に申し訳ないと考えています。
こんな日本に姿をかえてしまい、未来を託した当時の日本人は怒っているでしょう。

命の問題になる前に、国民を欺くのはやめて頂きたい!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。