スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーナイトクラブプロモーション 二重派遣・偽装請負事件

内部告発に対して、誠意ある対応が見られない為、一般公開致します。

尚、行政指導が入っている案件・これからのものも含めて公開しております。

今回の関係悪徳企業の会社概要


――――――――――――――――――
株式会社アルファグループ株式会社 Alpha Group Inc. ジャスダック上場企業 証券コード3322
――――――――――――――――――
所在地 〒150-0011
東京都渋谷区東一丁目26番20号 東京建物東渋谷ビル14F

電話番号 03-5469-7300(代表)

創業 1994年11月30日
設立 1997年10月8日

資本金 5億2,767万8,351円

従業員数 144名(2010年3月末現在)

役員 取締役会長吉岡 伸一郎
代表取締役社長上 岳史
常務取締役西原 哲司
取締役徳山 宗年
監査役(常勤)松嵜 進
監査役橋 雷太
監査役渡邉 宏
監査役野村 典之

取引銀行 みずほ銀行 渋谷支店
三菱東京UFJ銀行 渋谷中央支店
三井住友銀行 渋谷駅前支店
横浜銀行 横浜駅前支店
商工組合中央金庫 横浜支店

決算 年1回(3月)

売上 208億1,400万円(2010年3月期)

関係会社 株式会社アルファライズ
アルファインターナショナル株式会社
アルファイット株式会社
アルファテクノロジー株式会社


――――――――――――――――――
株式会社プラスアルファ 概要
――――――――――――――――――
会社名
株式会社プラスアルファ (カブシキガイシャプラスアルファ)

設立
1994年11月30日

代表者
小原 孝徳(オバラ タカノリ)

資本金
4,000万円

本社・事業所
150-0043
東京都 渋谷区 道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館9F

事業内容
総合人材アウトソーシング事業他
一般労働者派遣事業許可 般13-300765
有料職業紹介事業許可 13-ユ-070498

関連会社
アルファグループ株式会社
アルファテクノロジー株式会社
株式会社アルファライズ
アルファインターナショナル株式会社
アルファテレコム株式会社
アルファイット株式会社
アルファソリューションズ株式会社
株式会社A・R・M

会社HP
http://www.plus-a.co.jp


――――――――――――――――――
サントリーグループ 概要
――――――――――――――――――
調査中


2008年7月、都内の某有名クラブにてサントリーナイトクラブプロモーションが行われた。

このナイトクラブプロモーションは、渋谷区に本拠地を置くジャスダック上場企業(株)アルファグループのグループ企業であった(株)プラスアルファが、(株)サントリーから業務を請負って、都内の有名クラブやラウンジ内にてお酒のセールスプロモーションを行っていた。(今現在もセールスプロモーションを行っている)

(株)プラスアルファのプロモーション事業部は、このナイトクラブプロモーションにて、多重派遣や二重派遣や偽装を多々行なっていた。

(株)サントリー側やプロモーションを実施している店舗側には、自社のスタッフを現場に立たせていると見せ掛けいたが、蓋を開けてみると自社のスタッフは半分程しか出しておらず、協力会社のスタッフばかりになっている。

この協力会社への発注の仕方やスタッフへの指揮、指令の仕方が、『二重派遣や偽装請負』など職業安定法第44条違犯に該当する。

(株)プラスアルファはこの様に違犯行為を自覚しながらも、それ以前から多々違犯を繰り返していた。

上記の行為や、同社の他事業部では、作業スタッフからデータ装備費の徴収など多々違犯行為を行なっていた為か、同年8月に(株)アルファグループから切り離され、アルファグループとは全く関係ない会社としている。

この切り離しは、アルファグループの名前を汚さない為と色々な違犯行為をしてきたのを叩かれないようにする為に捨て駒されたとしか思えない。

2008年8月
(株)アルファグループから脱退した後も、(株)プラスアルファは上記の違犯行為と同様の事をしていた。

8月下旬
都内の有名な祭りにて、(株)サントリーからお酒の販売をする出店の業務を請負っていた。

ここでは、運営、店舗責任者、キャンペーンガール一人を除いては全て協力会社にスタッフを発注し、人員を補っていた。
ここで問題が生じていた。(株)プラスアルファには全く知らされていなかったが発注した協力会社でもスタッフが見つけられなく、さらに別会社の人間が現場に派遣されていた。
これは紛れもなく、多重派遣になる。

(株)プラスアルファは知らなくても、その別会社のスタッフを受け入れてるだけで違犯に行為になる。

さらに発注元の(株)サントリーも違犯をしていた。

(株)サントリーと(株)プラスアルファは請負契約を交わしたにも関わらず、(株)サントリーの営業は、現場スタッフに指示を出していた。

請負契約したのなら、指揮、指令は全て(株)プラスアルファが出さなくてはいけないのに、(株)サントリーの営業が口を挟んでいた。
この時点で、偽装請負になる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。